So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

お客様のサロンへの意識。 [・サロン/美容室]

勘違いしがちなサロンへの予約。


季節の変わり目は抜け毛の季節とも言われますが、季節の変わり目は
体調を崩し易い事と共に髪の毛もダメージを負いやすい現状があります。


特に今の季節(夏)は、一年の中で一番紫外線が強く毛髪が傷み易い季節になります。


ブラジルにてW杯も開催され、紫外線を長時間浴びる事も多くなりますので対策が必要です。


勘違いされやすい紫外線の捉え方として、
暑い・日差しが強いからといって紫外線が強いわけではありません!!

曇っていたり、雨でも紫外線の強い時間帯があります。


※1年で5〜6月が紫外線が最も強いとされており、
時間帯は正午の12時が最も強いとされています。



『紫外線を浴びるとどうなるのか』

・肌のメラニン色素に紫外線が照射され、日焼けする

・地域場所によって強い紫外線を浴びると皮膚病になる

・適度な時間を浴びることで健康を保てる

・毛髪がダメージを受ける


と言ったことが挙げられます。



紫外線の種類は波長により、

UV-A
UV-B
UV-C

の3種類に分けられます。


UV-Aに近づけば近づく程波長が長く、UV-Cに近づけば近づく程波長が短くなります。

UV-Cに近づけば近づく程、人体に有害です!!



『紫外線の詳細』

UV-A(波長:315〜400nm)

→UV-Bほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康影響が懸念される。

UV-Bに比べて皮膚透過性が高く、真皮(皮膚内部)への到達も多い。



UV-B(波長:280〜315nm)

→ほとんどは大気層で吸収されるが、一部は地表へ到達し皮膚や目に有害な影響を与える。

日焼け・皮膚がんの原因になる。

表皮で大部分が吸収・散乱され真皮までは到達しない。



UV-C(波長:100〜280nm)

→オゾン層などで吸収され、地表には到達しない。

強い殺菌効果ぎあり、生体に対する破壊性が強い!



『毛髪への影響』

毛髪は紫外線の影響により乾燥、強度の低下、キューティクル表面の粗雑化、
メラニン色素や光沢の消失などの影響を受けます。



また、近年カルシウム不足で骨粗鬆症になる人が増え続けているのはご存知ですか?

骨粗鬆症になる理由として、カルシウム不足が挙げられますが、
カルシウムを体内で吸収するにはビタミンDが不可欠です。


※ビタミンDは皮膚内から作られる成分で、紫外線を浴びないと形成されません!!


つまり、紫外線を浴びてビタミンDを作り出し、カルシウムである牛乳などを摂取することで
しっかりと体内で吸収されるので骨粗鬆症を防げるわけです。



また、紫外線には殺菌効果があるので医療機関や美容器具などの殺菌としても使われます。


これらが紫外線のメリットですね。



ここからが肝になる内容なんですが、ダメージを負ってしまった
髪の毛をみなさんはどうしますか?


もちろんサロンに行ってトリートメントという選択肢を選ぶことでしょう。


しかし、サロンでもダメージ補充の限界があり、ランクの高いトリートメントメニューを
されても限度があります。


すぐに手触りを解消するトリートメントであれば擬似的にキューティクルを作り出し、
手触りを滑らかに仕上げることができます。

擬似キューティクルと言います。


本来の素髪(元の綺麗な自然状態の髪)に戻すトリートメントであれば、
髪の成分であるアミノ酸の配合率の高いトリートメントを使用します。

※手触りは擬似キューティクルよりは劣りますが、弾力やハリ、内部補修が
強化される為、施術を続けることで元の髪に戻すことが出来ます。



残念ながらサロンでも最善を尽くしますが限界がある為、来店される度に徐々に
改善して行くといった流れになります。


ここで朗報なのが、未然にダメージを予防しておくという方法があります。

それは季節の変わり目の前にサロンでトリートメントメニューをしておくということです!!


※ダメージしていない状態でサロンメニューの集中トリートメントをしておくことで、
ダメージを予防・軽減することが出来ます!!


例えばですが、歯磨きと同じ感覚です。
虫歯にならない為とか口臭予防の為、歯周病予防などの理由で歯を磨きますよね?

しかし、虫歯になってから必死に磨いても決して治りません!!


歯医者さんに行って虫歯の部分を削ったりして直すことは可能ですが、
何度も通わなければなりません。


まさしく同じことなんです。


未然に毛髪のダメージを防ぐことこそがコスト削減であり、
時間の有効利用に費やせるわけです。


美容師である僕が言うのもあれですが、常に綺麗な髪を維持していただきたい
想いの方が強いのでお伝えさせていただきました。


疑問などありましたらお応えしますので、コメントにてご連絡お待ちしております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。