So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

色彩学 [・カラー関連]

色彩学についてお話しします。


【色の三属性】

『色相』
『明度』
『彩度』

の3つの軸に分けられます。


『色相』

→赤・青・黄などと表現される色調(色味の種類)のこと。


『明度』

→色の明るさ、暗さを表現する度合いのこと。

明度の最も高い色は白で、最も低い色は黒になります。
(※別名:レベル)


『彩度』

→色の鮮やかさを表現する度合いのこと。



『明度』+『彩度』で組み合わされた指標を【トーン】と言います。

また、色には無彩色と有彩色に分けられます。

<無彩色>
彩度を持たない色のこと。
→黒、灰色、白など

<有彩色>
彩度を持った色のこと。
→赤・青・黄色など



【色の三原色】

赤・青・黄を色の三原色(プライマリーカラー)と言います。

これ以上分けることができないいろを指します。

※言い換えると三原色は他の色を混ぜ合わせても作ることの出来ない色と言えます。


※逆にこれらの三原色を混ぜ合わせることで全ての色を作ることが出来ます。



【色の第二原色】

三原色の色を混ぜて出来る色で、

橙・緑・紫

の色を第二原色(セカンダリーカラー)と言います。

例:赤+黄=橙
赤+青=紫
青+黄=緑



【中間色】

三原色と第二原色を混ぜて出来る色を中間色と言います。

ヘアカラーではこの中間色の関係性を利用して、あらゆる色相の色を調整して染めています。


例:赤+橙=レッドオレンジ
橙+黄=イエローオレンジ
黄+緑=イエローグリーン

など。


ウォーム色:暖色系の色のこと。
→紫・赤・黄など

クール色:寒色系の色のこと。
→青・緑など



【補色】

色相図上で対角線上にある正反対の色同士を補色と言います。


<絵の具やペンキの場合>
→補色同士を混ぜ合わせると無彩色(灰色・黒)になります。


<ヘアカラーの場合>
→補色同士を混ぜ合わせると、
「ニュートラルブラウン」になります。

ヘアカラーではこの補色の関係性を利用して、髪の赤味を緑系の染料で、黄味を紫系の染料で染めて抑えます。


黄+紫=ニュートラルブラウン
緑+赤=ニュートラルブラウン
橙+青=ニュートラルブラウン

となります。


ヘアカラーでは色の特性や特徴を利用して幅広い色味を表現しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。