So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

・ヘッドスパ関連 ブログトップ

炭酸泉でデトックス効果を得よう! [・ヘッドスパ関連]

炭酸泉で体や髪を洗うと、デトックス効果
得られるのはご存知ですか??


2〜3年ほど前から美容業界で目をつけられている
炭酸ですが、市販で販売されている飲料用炭酸水
では炭酸濃度が低い為、効果は得られません!!



【そもそもデトックスとは?】

頭皮や毛髪の血行促進、老廃物の除去・ 体内からの毒素排出、キューティクルの引き締めなどに優れた効果のこと。

美容業界でも注目を浴び、ヘッドスパのメニューに
取り入れるサロンが増え続けています。



頭皮や髪に対して使用することによって、
髪に付着している汚れはもちろん、
以前の記事でもお伝えした「シリコン」の
内容にもあるように、蓄積してしまった
シリコンを落とすことが可能になります。


サロンでは、
プレシャンプー時、ヘッドスパメニュー、
その他の施術メニューに付属という形で
取り入れられています。



シャンプー台と専用の炭酸ガスボンベのホース
を直接繋ぎ、温水とガスを混ぜ合わせて濃度が
高くなってから使用します。



【炭酸泉の適性温度】

炭酸泉の適性温度というのがあります。

温度が高く、熱すぎると二酸化炭素の炭酸濃度が下がってしまい、 効果が激減してしまいます。

それを知らずに気持ちの良い温度の温水と併用
しているサロンもあるので、見直し・改善をする
必要があります。



※温めて使用する場合の適性温度

最大36〜37°Cまで

※常温で使用する場合は炭酸濃度は落ちないので、
温度が高くなる場合のみ注意する必要があります。



【炭酸泉が使用される施設】

主に医療用として使用されていたのが
きっかけとされています。

医療用のお風呂や雪山の登山などで壊死してしまった
下肢の足の指を再生するなどといった目的で使われています。


医療用のお風呂として使用される温度は、
上記でも書いたように37°Cまでしかない
ので、ぬるま湯になります。

ぬるくても普通の水では無いので体内の
老廃物除去・血行促進・新陳代謝向上
の効果があるので効果的と言えます。



【炭酸泉と普通の水との違い】

炭酸泉とは、
水に濃度の高い二酸化炭素を混ぜ合わせることで、
水の中に含まれる余分な成分の影響を防ぐことができます。


また体に使う場合、二酸化炭素の量が多くなると、
呼吸によって取り入れられた酸素を血液中の
ヘモグロビンによって早く体全体に送る防衛反応が
起こるので、血流促進、新陳代謝の向上が得られる
というわけです。



通常の水には金属成分のマグネシウムと言う
成分が含まれています。
このマグネシウムと言うものは髪に付着すると
手触りが悪くなったり、汚れとして髪に蓄積されます。


※水に硬水・軟水があるのはこの為ですね。

よく海外のホテルなどでシャワーを浴びたら髪が傷む
と聞くのは、水の成分が原因と言えます。



炭酸泉で髪や頭皮に使用すると即効性があるので、
ぜひお試しあれ。


排水溝に栓をし、炭酸泉のみで頭を流すだけで、
髪に蓄積されていた汚れを目で見ることが
できます。

→白く濁った汚れが浮き上がります。


目安として、1〜2ヶ月に1度の頻度で利用される
ことをオススメします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

エイジングケアって何?? [・ヘッドスパ関連]


ここ3年ほど前からエイジングケアが流行り始め、今やエイジングという言葉が

飛び交うのが当たり前の時代になりました。


そもそもエイジングとは「年齢」の「AGE(エイジ)」のことです。


エイジングなので「ing」の進行形、つまり、歳をとるという意味です。


それをケアしましょうということで『エイジング ケア』という言葉が生まれました。



お肌のエイジングケアは化粧水やクレンジングなどを使って若返りを図りますが、

ヘア関連の美容では、頭皮にあたります。



【意外と知らない頭皮事情】

頭皮、つまり頭ですが歳を重ねると筋肉が衰退して下に垂れ下がってくることは
ご存知でしたか??


頭皮の筋肉は鍛えることが出来ないので、歳をとればとるほど衰え、
地球の重力によって下へ引き寄せられます。


引き寄せられるとどうなるのかというと、みなさんがご存知の

目尻のしわ」・「頬のたるみ」などの原因になります。



【若返るにはどうすればいいのか?】

自宅または美容院のヘッドスパメニューを行うことで、少しづつ頭皮環境・筋肉の
改善をしていけば問題ありません。


ヘッドスパの目的は、

「綺麗な頭皮環境を整えること」
「専門のマッサージを行うことで頭皮の筋肉を引き上げられる」
という2点で構成されています。

「気持ちがいい」というのはオマケなんです・・・笑



頭皮だけではなく、股関節や背筋など柔軟効果を高めるには温めて(または入浴して)から
行った方が効果があります。


「鉄は熱いうちに打て」ではないですが、頭皮を温水でしっかりと洗浄と保温をしてからマッサージを
していくことをオススメします。



美容室でもエイジングケア用の商剤が数多く販売されていますので、気になる方はお声掛け
してもらえたらなと思います。



頭皮環境が整っていれば、そこから生える毛髪は綺麗に伸びます。


毛髪理論として、「髪を生やしたい・綺麗にしたい」 なら、【頭皮環境を整えましょう】ということです。


炎症が出やすい人・痒みがある人・フケが多い人などに関しては、1度ヘッドスパを
推奨します!!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

手に入るのは今しかない!! [・ヘッドスパ関連]

夏に入り気温もだいぶ高くなってきて汗が出てくる季節になりましたね。


美容院では夏〜秋限定でメントール配合のトニック系のシャンプーや
入浴後に髪を乾かす前に頭皮につけるトニック系の商剤を販売しています。


目的としては、

・頭皮のクールダウン
・爽快感
・新陳代謝向上

を目的としています。


使ってみた方はご存知だと思いますが、かなりひんやり感が伝わり1時間ほどは涼しくなります。

お出掛け前にシャワーを浴びたついでにトニック系シャンプーをすると、
あがってからは約1時間~2時間ほどは汗が出にくいなどの効果があります。


最近ではお友達のプレゼントにご購入される方が増えてきました。


なぜプレゼントとしてご購入されるのか聞いてみたところ、
「自分で買うには手が出しずらい物だから貰うと嬉しいはず!」と言う理由でした。


確かに!と納得してしまいました。


この限定で販売されるトニック系の商剤はメンズ用が多かったんですが、
ここ最近ではレディース用の物が数多く出てきました。

メンズ用に比べてメントールのスースー感がゆったりとしていて優しい印象です。

香りもフルーツ系が多いですね。


以前東京の原宿で働いていた時に美容メーカーさんと共同で男性向けの
トニック系シャンプー開発の仕事に携わったことがあります。


メントール量の調節や爽快感の持続性をたくさんのサンプルから比較して作り上げたわけ
ですが、面白いことに一つ良くすれば一つ何かが弱くなると言う試行錯誤の日々でした。


メントール量を増やすと洗浄力が落ちるとか、香りを強くすると泡立ちが弱くなったりと、
かなり大変でした。


結局たどり着いたのが泡立ちがクリーミーでモコモコの泡、香りがフローラルムスク系、
メントールの持続性が約1時間ほどのシャンプーが出来上がりました。

ちなみにそのメーカーさんはHOYU(ホーユー)さんです。


商品名はお伝え出来ませんがお探しいただければ見つかると思います。


是非この時期だからこそ出来る美容体験をしてみてはいかがでしょうか?!


暑さなんてメントールで乗り切りましょう!!

※使用容量・方法に注意していただくようよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
・ヘッドスパ関連 ブログトップ

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。